初めてお金を借りる方法|安心安全に借りたいなら大手カードローン

初めてお金を借りるならどこがおすすめ?

急にお金が必要になったけど、次の給料日まではまだ時間がある。

 

そんな時、消費者金融や銀行でお金を借りることができるカードローンがおすすめです。

 

消費者金融や銀行のカードローンなら初めての方でも今日借りれる可能性があります。

 

カードローンやキャッシングというと良いイメージがないかもしれませんが、必要な分だけ計画的に返済していけば、大きな負担にはなりませんし、短期間で返済できれば利子もそれほど大きくはなりません。

 

また、大手の消費者金融であれば怖い取り立てが来るなどもありません。

 

カードローンは、スマホやパソコンからのWEB申込ができ、提出書類も金額が少なければ本人確認するための免許証か保険証だけでOKです。

 

ネットからの申し込みだと審査が早く、来店する必要もないため、誰にもばれずに申し込んだ当日中にお金の借り入れが可能です。

 

お金が無い時、お金の借りる方法は色々あって、家族や友人にお金を借りるという手もありますが、親しい間柄であっても、お金の貸し借りをするとトラブルに発展することもあります。先々の事を考えると、金融会社のカードローンを利用する方がいいでしょう。

 

実はフリーターやパートの主婦でも借りれる

 

アルバイトの女性

カードローンはバイトの収入しかない場合でもお金を貸してくれるのです!

 

正社員じゃない自分には、難しいのではないかと考えてしまう人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

カードローンの審査で重視されるのは安定した収入です。
正社員じゃなくても毎月決まった額の収入があれば審査は通るのです。

 

アルバイトだけの収入であっても、定期的に給料が入ってくるのであればお金を借りられるという事ですね。

 

諦めずに、一度申し込みをしてみましょう!

銀行からお金を借りる方法!WEB申込なら即日融資可能

 

スマホを操作する女性

カードローンの申し込み方法にはいろいろとあります。

 

ネットからもできますし、電話からもできます。
当然、店舗に直接行って手続きすることもできます。

 

そんな中でもネットからの契約が最も早く審査結果がわかるのでお勧めです。
ネットなら24時間受付をしているカードローンが多いので、いつでもどこからでも申し込みができるのです。

 

電話などの申し込みでは、書類を郵送でやり取りする必要があり、手続きに時間がかかって仕方がありません。

 

ネットなら、必要な書類はカメラで撮影した画像でOKなのです。

 

その場で本人確認資料や収入証明書を撮影し、ネットを使って送信すればいいのです。
スマホならすぐにできるでしょう。

 

そうやって素早く資料のやり取りができるので、ネットを使った申し込みでは最短即日融資が可能なのです。

 

うまくいけば、その日のうちにお金が自分の口座などに振り込まれてくるのです。

 

貴方が今すぐにでもお金を借りたいのであれば、一度申し込んでみることをお勧めします。

消費者金融の在籍確認について

 

女性オペレーター

カードローンを利用するには、審査を受けなければなりません。
審査では「在籍確認」があります。

 

お金を貸す側としては、「きちんと返済してくれる人」にお金を融資します。
その「きちんと返済してくれる人」の基準は、「ちゃんと仕事をして収入を得ているか」になります。

 

このことから、すぐ借りれる消費者金融であっても、勤務先に電話を入れて、申し込み者本人が在籍しているかを確認する必要があるのです。

 

昔の在籍確認は、会社名を名乗ってから「○○さんはそちらにご在籍でしょうか」など、ストレートな問合せをしていました。

 

しかし、消費者からは「会社の人に知られたくない」等の要望が多くなったため、会社名を名乗らず、個人名で在籍確認の電話を入れるようになりました。

 

例えば「田中といいますが、○○さんはいらっしゃいますか?」という感じです。
その時に本人がいなくても、電話を取った人から「外出中です」など、在籍を意味する返答が帰ってくれば、在籍が確認できたとして処理をしています。

 

でも、今はもっと進化したサービスを展開しているところがあります。
それは電話で在籍確認をするのではなく、提出書類で在籍を確認するという方法です。

 

必要書類は源泉徴収や給与明細など。これらの書類には会社名が明記されていますので、会社に在籍しているという証明になるからです。

 

電話での在籍確認がどうしてもダメな場合はカードローン会社に相談してみてください。
尚、「電話連絡なし、郵送物なし」で打ち出しているカードローンは、在籍確認電話はありませんので、そのような商品を選ばれても良いかもしれません。

 

いずれにせよ、申込み者が不利になるような在籍確認は行っていないので、安心して申し込みしてください。

消費者金融の審査について

 

絶対借りれる金融があるとは言い切れませんが、一般的に消費者金融のカードローン審査は、銀行カードローンよりもハードルが低いといわれています。

 

事実、銀行カードローンの審査はダメだったが消費者金融カードローンの審査には通過した・・という人が結構いるからです。

 

「○○銀行のカードローンは審査に通らなかったけど、○○カードローンは即通過した」などのネットの口コミを見られている方もいると思います。

 

とはいえ、消費者金融だから必ず借りれる・・というわけではありません。「返済能力の有無」はきちんとチェックしています。

 

カードローンの審査は大きく分けて「属性」と「信用情報」という2つの情報から審査されます

属性とは、年齢・勤め先・勤務年数・住居形態 など、申込み時に入力を求められる項目になります。

 

信用情報とはクレジットやローンの契約・申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。(CICホームページより)

 

現在や過去の借入れ状況、過去の返済状況、事故情報の有無などを信用情報で確認をしていきます。

 

利用希望者のこれらの状況を総合的に判断して「返済能力」の高い・低いを判断し、各々の業者の審査基準をクリアすれば、晴れてカードローンを利用することが出来ます。

 

消費者金融は、銀行に比べて若干金利が高めに設定されていますが、利用者本人が計画的に活用すれば、力強い見方となる商品でしょう。

 

サービスも充実していますので、利用以外でもお得感を味わえるかも知れません。

 

ただ消費者金融の場合、貸金業法の総量規制とルールがあり、利用者の年収3分の1以上は融資できない、という縛りがあるため、その点は理解しておきましょう。

 

また、アルバイトであっても安定した収入があれば審査に通りますが、収入のない無職だと、街金といわれる審査の甘い中小消費者金融でも借り入れは難しいのではないでしょうか。

 

なので、大手消費者金融がおすすめです。